1. HOME
  2. 青森県の図書館関連
  3. 三沢市の図書館が障害者らを対象に郵送で本の貸し出し
青森県の図書館関連
本棚のイメージ

三沢市の図書館が障害者らを対象に郵送で本の貸し出し

三沢市立図書館は2020年1月から、市内に住む障害者らを対象に郵送で図書の貸し出しを行うサービスを開始するそうです。

以下、東奥日報から一部抜粋です。

重い障害があるなどの理由で図書館に足を運べない人にも読書を楽しんでもらおうと、三沢市立図書館は来年1月から、市内に住む障害者らを対象に郵送で図書の貸し出しを行うサービスを始める。

利用者登録は12月1日から行っている。身体障害者手帳1級か2級(内部障害は1~3級)、愛護手帳Aを持っている人や、要介護1~5の認定を受けている人が対象となる。

貸し出しは1人5冊までで、期間は往復の郵送を含めて21日間。電話、ファクス、メールなどで申し込みが可能。貸出時に同封される返却用の封筒に入れ、ポストに投かんするか郵便局に集荷依頼することで返却する。

本のサイズが大き過ぎたり重すぎたりした場合は、貸し出しできないことがある。

同市によると、県立図書館のほか、青森市、弘前市、八戸市、十和田市でも同様のサービスを行っている。

東奥日報2019年12月7日朝刊
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。